銀行と消費者金融の良い点を併せ持つモビット

カードローンを利用してお金を借りようと思っている方、消費者金融の数はかなりありますので、どこの消費者金融を利用すればいいか、迷われるのではないでしょうか?色々な条件から最終的に1つの消費者金融に絞ることになりますが、条件として重要なものの1つに金利があります。消費者金融からお金を借りると、必ず借りた額と利息を返済しなければなりません。

 

金利が高ければ利息の額も大きくなりますので、返済に対する負担が大きくなってしまいます。借りた後のことを考えて、各消費者金融の金利はきちんとチェックをしておく必要があるでしょう。消費者金融の中でも銀行のグループ会社の場合、金利が低めの設定になっていますので、金利を気にするのであれば、銀行系の消費者金融がお勧めです。大手の消費者金融の中では、モビットが銀行系の消費者金融になります。

 

モビットのおすすめポイント

 

カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

 

銀行と消費者金融、双方の良い点を持つモビット

モビットは、銀行のグループ会社の消費者金融ですので、銀行と消費者金融どちらもの良いところを持っています。金融機関からお金を借りる場合、審査を受ける必要がありますが、銀行は消費者金融よりも審査基準が厳しいという特徴があります。

 

また、お金を借りると返済時に利息を支払わなければいけませんが、その利息の額を決める金利が、消費者金融よりも銀行の方が高くなります。モビットでは、審査基準は消費者金融の水準に合わせ、金利は銀行の水準に合わせています。銀行と消費者金融の双方のメリットを感じることが出来るので、消費者は非常に魅力を感じるでしょう。

 

WEBで申し込みから借り入れ手続きまでが出来る

消費者金融からお金を借りたくても、どのように手続きをすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか?面倒な手続きが必要であったり、分かりにくかったりすると、利用をしたくてもなかなか前に進めませんよね。モビットでは、消費者のことを考えてさまざまなサービスを用意しています

 

。まず申し込みに関してですが、消費者金融の利用申し込みと言えば、店舗や無人契約機に出向いて申し込みをするというイメージが強いのではないでしょうか?モビットでは、WEBで申し込みが出来るサービスを行っているのです。申し込みはもちろんのこと、審査や借り入れ手続きまで全てWEBから出来ますので、わざわざ店舗などに立ち寄る必要はないのです。忙しく生活をしていてなかなか時間をつくれない方、日中に店舗を出向くことが出来ない方には、非常にありがたいサービスと言えるでしょう。

 

口座振り込み、口座引き落としで便利に借り入れと返済を

モビット画像

モビットで借り入れの申し込みをして、審査に通過をすることが出来たら、いよいよお金の借り入れ手続きに入ります。お金の受け渡しに関しても、モビットでは非常に消費者のことを考えたサービスを行っています。申し込み時と同様に、店舗や無人契約機を訪れる必要はありません。コンビニなどのATMを利用して、お金の受け渡しを行うことが出来るのです。さらに、振り込みをしてもらうことも出来るのです。

 

返済に関しても、店舗や無人契約機を利用する必要はなく、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座開設をしていれば、銀行口座から自動引き落としで返済をすることが出来ます。返済日にわざわざ振り込む必要もありませんので、返済忘れを防ぐことも出来ます。口座引き落としだと、返済日までに口座にお金を入れておけばいいので、返済日当日の動きを制限されることはありません。毎月のように振り込みをしなければいけないと、忙しいときにはついついうっかり振り込みを忘れることがあります。うっかり振り込みを忘れても、金融機関は滞納と考えます。滞納の履歴が残ってしまうと、今後の信用にも大きく影響をしますので、口座引き落としは非常にありがたいサービスだと思います。

カードローン選びで重要な6つのポイントをご紹介します

現在はテレビカードローンのコマーシャルを見かけることが多くなっています。消費者金融系カードローンや銀行系カードローンなどの様々なカードローンを利用することができるのですが、種類が多すぎてどのカードローンを選べばよいのかわからないという人などもいるようです。しかし実際にはカードローンごとに様々な特徴や違いなどがありますので、適当にカードローンを選んでしまうと後で後悔することになるかもしれません。「できるだけ余計な支出を減らしたい」「とにかくできるだ早く利用したい」などのように、カードローンに求めるものは人それぞれに異なりますので、カードローンを選択する際には自分の利用目的に合致したものを選ぶことが必要なのです。今回はカードローンを選ぶ際に注目したい6つの重要なポイントについてご紹介しますので、カードローン選びのための参考として活用してみてください。

 

 

低金利で利用することができるカードローンに注目しましょう

カードローンを選択する場合には、やはり金利の条件が重要になります。カードローンで借り入れを利用した場合には、借り入れの元金に利息を加えた金額を返済することが必要です。利息は借入額×金利(年率)÷365日×利用日数の算式で計算されますので、金利が高く利用日数が長い場合には高額の利息が発生することになります。また借入額が大きい場合にも同様に高額の利息が発生しますので、大きな金額を長期で借り入れる場合には特に金利の条件に注目することが必要なのです。カードローンの金利は金融機関ごとにそれぞれ自由に設定しているのですが、基本的には消費者金融系のカードローンよりも銀行系カードローンの方が低金利で利用できることが多くなっています。消費者金融系カードローンの場合には上限金利は18%程度に設定されているのですが、一方の銀行系カードローンの場合には上限金利は14%から15%程度に設定されていることが多いようです。この金利の違いについては、銀行と消費者金融の営業方針の違いが大きく影響しています。銀行では厳しい審査を行い、返済が確実であると判断された顧客に限って融資を行います。さらに自社で調達した資金を活用して融資を行いますので、低コストで確実な融資を行うことができるのです。一方の消費者金融では比較的審査に通りやすく、多くの人が気軽に利用できることが特徴となっています。またその資金は提携する銀行などからの借り入れにより調達しているため、融資のためのコストが高くさらに貸し倒れの可能性も高くなっています。消費者金融系のカードローンではこれらのデメリットを補うために、銀行系カードローンよりも高額の金利を設定しているのです。

 

審査や融資のスピードが早いカードローンに注目しましょう

現在のカードローンでは、ATMの利用や口座への振込みなどにより融資を受けることができます。カードローンの多くでは提携するコンビニのATMを365日24時間いつでも利用することができますし、また提携金融機関の普通預金口座を持っていれば振込みによる即時入金にも対応できることが多いようです。ただしカードローンに新規に申し込む場合には、金融機関ごとに審査や融資のスピードが異なるため注意が必要になります。一般的には消費者金融系カードローンの方が、銀行系カードローンよりも審査や融資のスピードが早いようです。消費者金融系カードローンでは、日本全国に設置されている自動契約機を利用すれば土日祝日でも即日融資を受けることができます。一方の銀行系カードローンでは審査が慎重に行われるため審査や融資には時間がかかりますし、また土日祝日の利用は制限されることになります。すぐにお金が必要な場合などには、審査や融資のスピードが早い消費者金融系カードローンに申し込むことを検討してみてください。

 

電話による在籍確認を省略できるカードローンに注目しましょう

カードローンに申し込むことを躊躇している人の場合には、審査の際に行われる電話による職場への在籍確認に不安を感じていることが多いようです。在籍確認はカードローンの審査には欠かせない手続きであり、職場に電話をかけて在籍の有無を尋ねることにより確認を行っています。在籍確認の際には担当者が個人名で電話をしますので、職場の同僚などが電話に出てもカードローンの在籍確認であることはわからないのです。電話による在籍確認をそれほど心配する必要はないのですが、普段電話がかかってくる機会がない職場などの場合にはやはり電話による在籍確認は避けたいのではないでしょうか。そのような人には職場への電話による在籍確認を省略できるカードローンをおすすめします。大手消費者金融であるモビットのカードローンでは電話による在籍確認は行われませんし、またアコム・アイフル・プロミスでは職場への在籍を証明できる書類を提出することで電話による在籍確認を省略することができますので、まずは気軽に電話をしてオペレーターに相談をしてみてください。ちなみに銀行系のカードローンの場合には、銀行名で在籍確認の電話がかかってくることになります。消費者金融系のカードローンとは異なり柔軟な対応を期待することは難しいようですが、銀行からの電話であればかまわないと考える人などもいるようです。

 

総量規制が適用されないカードローンに注目しましょう

消費者金融系のカードローンには、総量規制が適用されます。総量規制は借り入れができる最大限度額を年収の3分の1までに制限する規制であり、過剰な融資により利用者が返済不能に陥ることを防止するために制定されました。総量規制が適用される場合には、年収が300万円の人であれば借り入れの限度額は最大で100万円までに制限されることになります。また年収が0円の人の場合には借り入れ限度額も0円になりますので、自分自身の収入のない専業主婦の人などはカードローンを利用することはできないのです。ただし総量規制は貸金業者を規制する「貸金業法」に基く規制になりますので、貸金業者に該当しない銀行のカードローンには適用されません。銀行系カードローンであれば、年収の3分の1を超える大きな金額の借り入れを申し込むことができるのです。

 

審査に通過しやすいカードローンに注目しましょう

カードローンを提供する金融機関各社では審査基準は公開していませんので、審査に通過しやすいカードローンが存在するのかどうかについては「わからない」ということになります。ただしこれまでのデータなどの蓄積により、カードローンの審査には一定の傾向があるということが判明しているのです。一般的には消費者金融系カードローンの方が銀行系カードローンよりも審査には通りやすくなります。消費者金融では審査のハードルを下げることにより、スピーディーな審査や融資を実現しています。サービスを充実させて新規の顧客を獲得することに力を入れているのです。一方の銀行では融資を確実に回収ができることを重視していますので、審査は厳しく行われることになります。実際に銀行系カードローンに申し込んで審査に落ちてしまったという人の場合でも、消費者金融系のカードローンであれば審査に通過できることが多いようです。

 

無利息期間サービスなどに力を入れているカードローンに注目しましょう

カードローンを提供する金融機関各社では様々なサービスに力を入れているのですが、その中でも特におすすめなのが無利息期間サービスです。無利息期間サービスではあらかじめ決められた一定の期間内(30日以内など)に返済を行うようにすれば、カードローンを利息の負担なし(利息0円)で利用することができます。給料日の直前にお金が必要になった場合などには、便利でお得なサービスだといえるでしょう。ただし無利息期間サービスを利用するためには一定の条件(カードローンの利用が初めてであることなど)を満たすことが必要になりますので、利用条件などを事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

 

利用目的やライフスタイルに合致したカードローンを選択しましょう

カードローンを大きく分類すると、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの2つに分けることができます。消費者金融系のカードローンは審査に通りやすく即日融資にも対応しているのですが、金利はやや高めで総量規制による借り入れ限度額の制限を受けることになります。一方の銀行系カードローンは低金利で大きな金額を借り入れることができるのですが、その一方で審査は厳しく行われますし即日融資なども難しいようです。パートやアルバイトなどの非正規雇用の人などには審査に通りやすい消費者金融系のカードローンをおすすめしますし、また公務員や大企業の正社員の人などには低金利で大きな金額を借り入れることができる銀行系のカードローンをおすすめします。カードローンにはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、その特徴をしっかりと理解して自分の利用目的ライフスタイルに合致したカードローンを選択するようにしましょう。

キャッシング詳細


モビットのおすすめポイント


カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット